最近、フランス語と韓国語の勉強を始めました。過去に習ったことがあるのですが、頑張っている生徒たちを見ているうちに、私もまた語学の勉強をしてみたくなり、スカイプで個人レッスンを受けています。やはり外国語を聞き取るのは難しいですね。自分も生徒が聞き取れなかった時には、もっとゆっくり言ったり書いたりしないといけないな、と教え方の勉強にもなっています。最近はスピードラーニングのフランス語を聞いています。初めはあまりに難しかったのですが、繰り返し聞いて一緒に言ううちに、聞き取ったり言ったりできるフレーズが増えてきました。私も頑張りますので、皆さんも英語学習に焦らずじっくり取り組んでいきましょう♪

昔のスカイプは画像が悪かったり、音声がしばしば途切れたりしていたので、今回のコロナ騒ぎ以降も導入していませんでした。しかし、今やってみると、画像も音声も随分と改良されており、大きな支障なくレッスンを受けることができるようになっています。大人の生徒は丁度、感染予防や引っ越しで、レッスンに来られない人が増えているので、今週からスカイプレッスンを始めることにしました。

今後、県内の感染者が更に増えて、緊急事態宣言が再発令されたり、小・中学校が休校なったりした際には、おそらく講師の子どもたちも登園自粛することになると思うので、全レッスンを行うことは難しいですが、中学生のレッスンはできればオンラインで行いたいと考えています。スカイプはパソコン、タブレット、スマホに無料でダウンロードして使えますので、お家で使用できる端末のある生徒は、ダウンロードしてみてください。

今回は和製英語の紹介はお休みして、最近何かと話題の「Go Toトラベル」についてお話します。実はこの英語(政策も…)、間違っているんです。Go to…は「(目的地)に行く」または「(ある目的を持ってある所)に行く」と言う意味です。travel(旅行)には移動も含まれるので、家を一歩出た時に始まります。go to travelだと「旅行という場所に行く」という意味の成り立たない言い回しになってしまいます。go to eatは「食べに行く」という意味の正しい表現です。go out to eat(外食する)もよく使いますね。

昨年と一昨年は、安中市文化センターで合同ハロウィンパーティーを行い、ご家族やお友達も誘って来てもらっていましたが、今年は感染予防のため、幼児・小学生は各クラスの通常レッスンで行います。参加は生徒のみです。1歳半~3歳児はいつも通り、保護者の方1名が付き添ってください。