7月はすっきりしない天気が続き、子どもにも大人にも疲れが見られました。やっと太陽が出てきたと思ったら急激に暑くなりましたね! 体調に気をつけてください。
最近特に、幼児と小学生の伸びが大きいなと感じます。幼児は英語で歌える歌がどんどん増え、絵カードや絵本を見せると、自分から物の名前を英語で言ったり、大きさを見て “big” “little”と言ったり。小学生は長い文章をすらすら読んだり、数字や曜日・月の綴りを書いたりできるようになっています。8月はほとんどのクラスがお休みですが、レッスンのない間も「英語って楽しい!」という気持ちを大切に家庭学習してください。  
第3回ピジョン・コンペティションはHorse Teamが優勝しました! 他のチームの生徒は早くも「次はいつするの?」とやる気満々です♪ 次は9月2日~28日の予定です!

10月に消費増税が予定されていますが、増税後も月謝は据え置きです。キャッシュレス決済を利用した消費者に対し、購入額の5%か2%がポイントやキャッシュバックで還元する施策が打ち出されていますが、塾等の授業料については対象外となっており、手数料の負担も大きいため、現時点では当教室ではキャッシュレス決済は導入しません。今後、生徒が更に増えたら検討しますが、今しばらくはお手数ですが現金でのお支払いにご協力ください。

今回はティーンエイジャーから大人向けの映像を使った英語学習についてのお話です。
「サウンド・オブ・ミュージック」「メリー・ポピンズ」は、子どもから大人まで楽しめ、クラシックな物なので流行り言葉が少なく、ゆっくりはっきりと話すので聞き取りやすいです。
タイムリーなドラマは、今よく使われる表現が出てきますので、生きた英語を学びたい人にお勧めです。恋愛などの人間関係や犯罪を扱ったドラマはとても勉強になります。また、アメリカのドラマには、性的少数者、移民、宗教、銃、依存症などにまつわる様々な社会問題が出てきて、色々と考えさせられることが多いです。私が今までに見てきて好きなドラマは「グリー」(アメリカの合唱部が全国大会を目指す物語。有名な英語の歌・ダンスも楽しめる)、「デスパレートな妻たち」(近所に住む様々なタイプの主婦たちを中心に、恋愛、夫婦関係、不倫、子育て、仕事に奮闘する日常と、次々に起こる犯罪が入り混じる)、「グレーズ・アナトミー」(外科の研修医たちの医師・人としての成長や、大きな病気や怪我に直面した患者たちの人間模様)です。
夏休み中、中学生は必要に応じて個別に宿題を出していますが、その他のクラスは特別な宿題はありませんので、アニメ、ドラマ、映画を見てみてくださいね!